白と星の花

ちまちまレース編んでます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方眼編みのドイリー ラベンダー

誘惑に負けて買ってしまったコットン糸で編んだ、方眼編みのドイリー2枚目です。
当然、買ったのはピンクだけではありませんでした。
今日はラベンダー色(?)です。

doily0098.jpg

これと、

doily0099.jpg

これを足して2で割ったような感じなんです…
実物はもっと爽やかな色です。
ニットマルシェ最新号の40ページに、これと同じ糸・同じ色で編んだとおぼしき作品があるので、参考にしていただければと。
(そして多分、41ページの作品に使われてる糸が、前回のピンクと同じだと思う)
本の写真も、実物とは微妙に違うんですけどね
写真とか印刷って難しいんだなぁ…

糸は前回のと同じプレジデントコットン、針は3/0号のかぎ針。
大きさは23センチ四方です。

今回のは前のみたいに、縁編みで「8段で5山」みたいな無体な編み図ではなかったので、形は歪んでますがまあまあ見られる形になってるかなと思います。

規則的な模様以外の方眼編みは初めてでした。
花柄ですが、ある程度は図が単純&規則性があったので、途中でわからなくなるといったようなこともなく、編み進められました。
けれど2箇所ほど、埋めなければいけないマスを埋めるの忘れてます(笑)
自分用だしー、でそのまま編んじゃいましたが

doily0100.jpg

編み目拡大。
近寄るとなんだかわからない。
方眼編みは少し離れたところから、微妙に焦点をずらして見たときが一番きれいに見えると思います。

いつかバラとかブドウとかブーケみたいな、複雑な方眼編みにもチャレンジしてみたいです。



↓参考にした本です。

小さなかぎ針編み ドイリーの本小さなかぎ針編み ドイリーの本
(2008/05)
遠藤 ひろみ

商品詳細を見る


遠藤ひろみさんがデザインするドイリーは本当にかわいいなぁ


↓ニットマルシェ最新号

ニットmarche vol.7 (2009春/夏)―あみあみZAKKAをつくろう。 (7) (Heart Warming Life Series)ニットmarche vol.7 (2009春/夏)―あみあみZAKKAをつくろう。 (7) (Heart Warming Life Series)
(2009/02)
不明

商品詳細を見る


書影がない
発売日に買ったはずなのですが、地元のTSUTAYAでは一冊しかなかったうえに、棚ざしされていました。



↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
スポンサーサイト

方眼編みのドイリー ピンク

◇前回までのあらすじ◇
ある日おおさわさんは、近所のショッピングセンター内のパソコン教室に通い始めた。
教室のすぐそばには手芸洋品屋が店を構え、折りしも店頭は春夏糸仕様に衣替え。
教室に通いながら糸の誘惑と戦うおおさわさん。
おおさわさんの理性は一体いつまでもつのか…!?




…ちょっと遊んでみました。
ええと、まぁ、早い話が、誘惑に負けました(意志弱すぎだろっ!)
だってカラフルなコットンとかラミーとかが並んでるんだもん、触ってみたくなるじゃない。
触ってみたら手触りが良いんだもん、欲しくなるじゃない!

で、買った。
さっそく編んでみた。
一日半で一気に編んでしまいました…

doily0096.jpg

方眼編みのドイリーです。
使用した糸は、買ったばかりの(笑)プレジデントコットン。
コットンなので手触りがよくて幸せ~
かぎ針3/0号でちょうどいい感じに編めました。
大きさは18×17センチくらい。

両サイドの縁編み失敗した…
私のバランス感覚が悪いのを差し引いても、8段に5山って難しいYO!
直そうとしたのですが、結局うまく配置できませんでした

両サイドを写さないで接写!

doily0097.jpg

本ではブラウン系の糸で編んでいましたが、ピンクでいってみました。
本物はもうちょっと黄味があるかなー?

今までに編んだことのある方眼編みは、長編み1目に対して鎖2目という編み方でしたが、これは長編み1目に対して鎖1目になっています。
もとが太い糸だからというのもあるでしょうけれど、鎖が伸びてしまう私には、微妙に縦長になってもこの編み方のほうが、全体が引き締まって見えていいかな、という気もします。

縁編み失敗という欠点がありますが、色も手触りも模様もかわいい(すべて私の力以外のお蔭ですな…)ので、ちょっと満足ですv
…色違いも欲しいな…
今は別のを編んでいるので、それらが済んでから、また糸売り場の前で悩もうと思います。

ところで、今日のタイトルにわざわざ「ピンク」とついているということは…
ふふふ…



↓参考にした本です

小さなかぎ針編み ドイリーの本小さなかぎ針編み ドイリーの本
(2008/05)
遠藤 ひろみ

商品詳細を見る


ん、この本の方眼編みは始めてかも?



↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ

ブリューゲルレースに挑戦

今日も今日とてパソコン教室でエクセルに勤しんでおります。
エクセルと言えば、前職では漢字練習シート、用言の活用表、一問一答などを作成するのに活用しておりましたが、なんだか根本的に使用目的が違っていたようです。
だって、枠線のあるものは、ワードよりエクセルで作ったほうが簡単だったんだもの…



さて、以前からやってみたかったブリューゲルレースを編んでみたので、今日はその無謀な挑戦の結果をお送りいたします。

とりあえず完成図です。

doily0094.jpg

写真ではあまりかわいく写っていませんが、遠くから見るとね、かわいいんですよ(笑)
いきなりクネクネ模様を編むのは、無謀なチャレンジャーである私でもさすがに無理だと思い、小さめの円形のものにチャレンジしました。
糸はミル*フローラ#40、直径は17センチです。
ミル*フローラ#40、やっぱり少し細いような感じでした。
8号レース針で編みましたが、次は10号で編んでみようと思います。

それで…編み方が…やっぱり大変でござった。
まず、長々編みのブレードを編んで輪にし、輪の内側から中心に向かって(!)編みつなぐ。
次に、輪の外側の鎖&ピコットを編む。
そしたら今度は、長々編みのブレードを編みながら、鎖&ピコットの段につなぐ。
最後に外周を編む。
という感じ。
「つなぐ」という作業が多いため、仕上げのときの糸処理が非常に面倒でした…
あと、各パーツ(?)のバランスをとるのが難しく、仕上げで一生懸命引っ張ったのですが、きれいな円形になりませんでした

近くから。

doily0095.jpg

このブレードがですね、またやっかいで、外側のほうは90段以上もあるのです
一段の幅が狭いから良いのですが、同じことを延々と繰り返すのに飽きてきて、かなりテキトーな感じで編んでしまいました。
もっと大きい作品の編み図を見てみたら、ブレードだけで600段以上とか…
うわー絶対途中で間違える…

外周は鎖と長編みとピコットでしたが、ブレードでへとへとになっていたので、かなり疲れてます感溢れる仕上がりです

改めて見ると、ものすごいゆがみ具合であります。
編むのも仕上げるのも難しいけど、編んでみたいブリューゲルレースがあるので、気が向いたらまたチャレンジするかもです。
あ、でも当分しません(笑)



↓参考にした本です。

レース編みのドイリー〈3〉ブレード模様のブリューゲル・レース・シンプル・レースのドイリー・気品あふれる繊細なレース (リバイバルBOOKS)レース編みのドイリー〈3〉ブレード模様のブリューゲル・レース・シンプル・レースのドイリー・気品あふれる繊細なレース (リバイバルBOOKS)
(2003/06)
不明

商品詳細を見る


昭和レトロなドイリーと、ヨーロッパの伝承模様っぽいドイリーが一冊になった、なんとも不思議な本です。



↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ

方眼編みの春用ミニストール

先日、隣市の美術館に、バウハウス・デッサウ展を見に行きました。
作品のほとんどが戦前のものですが、モダンで洗練されていて、当時のドイツの、造形の分野での進み具合に驚きました。
展示作品の中に、カンディンスキーやクレーの授業の課題(生徒作品)や、授業のノートなどもあって、興味深かったのでじっくり見てきちゃいました。
あと、建築物(バウハウス・デッサウ校舎とか)の模型や設計図も面白かったでござるよ!

ついでに常設展も見てきましたが、私が好きな絵(薄久保友司「春暁仰花図」)は展示されていませんでした
「大家族」と「中州月夜の図」は見られたー



さて、手芸用品屋さんで、売れ残った去年の春夏糸を安く手に入れたので、春用ストールなど編んでみました。

stole0004.jpg

糸はダルマイングスのカフェグリーン。
写真だと緑に見えないけど、若草色みたいな緑と白のミックス。
大きさは幅15センチ、長さ105センチくらいです。
お店にあった5玉だけで編みました。

縁がガタガタですが…これ、縁編み(細編み2周)する前はもっとひどかったのです
縁編みとアイロンで誤魔化しちゃいましたー。
(誤魔化しきれてないけど)

stole0005.jpg

編み目接写!
スラブ糸だったので、シンプルな編み目にしようと思って方眼編みにしましたが、スラブ糸にはやはり棒針のほうが合っていたようです…orz
おおさわさんは棒針できないの…

でも、編んでいて、糸のカタマリが出てくるときは楽しかった(笑)
太さに変化があるので、編み目を揃えるのは早々に諦めて、ガタガタのまま編んじゃいました。
スラブ糸をかわいく編むコツってなんだろう…



そういえば、パソコン教室の近くの手芸用品屋さんで、カフェシリーズの新しいのが並んでたな…
すごくかわいかった…
ああ誘惑に負けそう。



↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

プチ・マルシェ 赤 再び…

4月に新しい仕事に就くのですが、それまでは自由時間が有り余っているので、近所のショッピングセンター内にあるパソコン教室に通うことにしました。
昼間なのでおじいちゃんおばあちゃんしかいません(笑)
その中で一人黙々と、エクセル中級コース(今更…)に励んでおります。
で、困ったことに、パソコン教室のすぐそばに、手芸用品屋さんのテナントが…
つい最近、店頭が春夏糸仕様になり、意志の弱い私が誘惑に負けるのも、時間の問題かと思われます。


さて。なんとなく四角ドイリーが編みたくなり、以前図書館で借りた本に載ってたドイリーを編んでみました。
以前プチマルシェ(細)で編んだものと、同じページに載っていたものです。
今回も赤です。
いつもうまくいかない赤糸の写真撮影、今回はどうでしょうか…

doily0092.jpg

あ、糸処理してない…

15センチ四方、ですが、うまく正方形の形にできませんでした
背景を薄くしたらマシかなということで、下に敷いてるのはクラフト封筒ですが何か。
他に薄い色の紙がなかったんだもん。

doily0093.jpg

色は…今まで撮った赤系の糸の写真の中では、まだいい方じゃないかと思います。
この写真の右奥のほうの色が、わりかし本物に近いんじゃないかなぁ…
本物はもっと落ち着いているけれどね^^;

なないろぱれっとさんに、おすすめの画像処理ソフトを教えていただいたので(ありがとうございます)、補正をかけてみようとしたのですが、なかなか思うとおりの色にならず、結局そのままupしちゃいました。
やってるうちによく分からなくなってきてしまうのです
ゲシュタルト崩壊的に。
いや、ただ単に私の色彩感覚が鈍いだけなのかも…



↓参考にした本です

はじめてのレース編み/四季のレースパターン100―10cm・15cm・20cm (アサヒオリジナル 189)はじめてのレース編み/四季のレースパターン100―10cm・15cm・20cm (アサヒオリジナル 189)
(2007/03)
不明

商品詳細を見る



この中の「春」のドイリーから。




↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ

余り糸を使い切るべし その4

いよいよなんだかわけが分からなくなってまいりました、余り糸消費キャンペーンです。
今日はちまっと編んだのをいくつか…

doily0091.jpg

100均の#40水色+縁にオリムパスの#40黒です。
直径10センチくらい。

水色と黒を一気に消費してしまおうと、縁を黒で編みましたが、なんか微妙な物体に…^^;
しかも水色の残量の読みが甘かったため、ちゃんとしたドイリー1枚くらいなら編めそうなくらい、まだ残ってます
黒もあと一周はできないけど、微妙な分だけ余ったので、小さい花を編みました。
#40糸で花モチーフって、あんまりやりたくないのです…
細かいから(笑)

黒の花モチーフと、ついでにどうにも消費できずに残っていた#20の糸たちで、各種モチーフを編みました。

motif0010.jpg

もう糸処理すらしてません
黒花がなんだか分からん!
青の巻きバラはよくできたんじゃないかなーと思います。
ピンクの花は、外側の花びらが毒々しいことに…
シャムロックは形が失敗しました。
なんかもう、ぐだぐだ

でもこれで、使い道に困っていた余り糸たちがだいぶスッキリしました。
今回、使い終わった糸玉の芯たち…↓

other.jpg

これが糸ケース(?)を無駄に占領してたんだもん、片付かないわけですわー。
まだ使いかけ糸はたくさんあるのですが、とりあえず「余り糸」はなくなったことにして、またドイリー編みに戻ろうと思います。
お付き合いくださってありがとうございました!(ほんとすみません…)


水色のドイリーは、ピエロさんのHPにあった編み図を参考にしました。
【楽天市場】毛糸ピエロ

各種モチーフは、いろんな本を参考にしたり、アレンジしたり。


↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ

余り糸を使い切るべし その3

なんだかどんどん適当になっていく余り糸消費キャンペーンです(笑)
昨日のコースター、当初の予定では実はもう1枚編むつもりだったのですが、糸が足りるか足りないかぎりぎりっぽかったので、別のを編むことにしました。

アイリッシュ・クロッシェのモチーフです。

motif0007.jpg

野バラのモチーフです。
周りの六角形の部分、あと一週するはずでしたが、どう見ても糸が足らないので、一周はやめて右の小さい花を編みました。
そこでちょうど、消費完了でした。
余り糸消費キャンペーンは、いつ糸が足りなくなるか、というドキドキ感も楽しめます

motif0008.jpg

花の部分と周囲の部分は、一続きで編んでいます。
うーむ、コースターもう1枚編めたかな…
直径は6センチくらいなのですが、花びらの部分の糸の量を考えると…

これはちゃんと、無い知恵を絞って使い道を考えてみました。

motif0009.jpg

なんちゃってカルトナージュ(笑)
布貼ったりはしません。緻密な作業が苦手なので…
横にあったチョコレートの箱に乗せてみただけ。
あとでボンドで貼ろうと思います。


↓参考にした本です

初めてのアイリッシュ・クロッシェレース初めてのアイリッシュ・クロッシェレース
(2005/10)
小瀬 千枝

商品詳細を見る


この中の、「小さなドイリー」のモチーフです。
このモチーフをいくつも編んでつなげてドイリーにするらしいです。
一つ編めばもう充分です


↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ

余り糸を使い切るべし その2

今日も余り糸消費キャンペーン中です!
本日の消費糸は、通称「白いたこ糸」(言ってるの私だけですが)の、#20ビクター糸です。
あいかわらずきゅっとした編み心地でした。
これも、もう買わないかな…

家にあったビーズを編みこんで、コースターにしました。

doily0089.jpg

一箇所、周囲と比べると明らかに編み方を間違っている部分があります
言わなきゃばれないと思いますが、そこは敢えて申告してみたり。
しかも、編んでる途中で気づいた、というか、次の段を編むのに不都合だから気づかざるを得ないのですが、「余り糸消費キャンペーンだしいっか」と、無理やり次の段を編みました。

直径9センチくらいかなー?

doily0090.jpg

これ…ビーズが思った以上にかわいくて、作った本人がちょっと戸惑ってます(笑)
100均かなんかのプラスチックのくせに…!
写真クリックで大きいのが出ますので、ぜひそちらをご覧ください(重くて申し訳ないのですが…)
表示されてる写真は縮小がかかっているので、ビーズのツヤ感を伝えるためには大きい方を見ていただきたいのでござる。

以前、ジャグカバーを編んだときは、編みながらビーズを編みこんでいきましたが、今回は最初からビーズを糸に通しておく方法で編みこみました。
ビーズ…邪魔…
しかも、ビーズを通す箇所に来たら、針を目から抜いて、細いのに持ち替えて(2号の針だとビーズの穴に通らないから)ビーズに針を通して、抜いた目に針をかけて… と、結構面倒な方法でした。
ビーズ24個だったからいいけどさ。。。


↓参考にした本です

ビーズで彩るレース編み―ドイリーとジャグカバービーズで彩るレース編み―ドイリーとジャグカバー
(2008/03)
野本 幸子

商品詳細を見る



あ、例の如く、細かい部分のビーズ編みこみは省いてます(笑)



↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ

余り糸を使い切るべし その1

ここ数日のあたたかな陽気で、寒いのが苦手な私はすっかり春モードです。
(また寒くなると天気予報の人が言ってるけど)
春になると、いくつか頭の中で流れ続ける音楽があります。
ただ今の脳内メロディはこちら→ 「春の猟犬」
曲名リンク先で試聴できます♪ 吹奏楽にアレルギーがなければぜひどうぞ


さて、先日ちょっと部屋を片付けようとしたときに、どうにも片付かない一角がありました。
そこには糸の山…
編んでる途中のものや買ったばかりのものはともかく、中途半端に余ってる糸たちが減らないこと減らないこと。
ということで、中途半端に余った糸を片っ端から消費していくことにしました。
今日はその第一弾です(笑)

編んだのはこちら↓

edging0003.jpg

…すみません何だかわかんないっすね
ずっと使っていた安い#40の白糸で編んだブレードです。
使い道のない(この糸は編みづらかったので、買い足す予定はない)余り糸で編んだのはいいけど、幅2センチ×長さ30センチで、使うにしても使いづらそうなのが出来上がりました。

edging0004.jpg

み…見た目はかわいいような気がするんですが…
透かし模様のリボンみたいですが、いつもの調子で糊付けしてしまったために、こんな感じに硬い仕上がりです。
糸処理もしてないし
使うときに糸処理はしようと思うので、何か使い道を募集中です。

在庫が減るまでしばらくはこんな感じの、ちまっとしたものを編む予定です



↓参考にした本です。

レースあみ (日本ヴォーグ社の基礎BOOKゴールデンシリーズ)レースあみ (日本ヴォーグ社の基礎BOOKゴールデンシリーズ)
(2008/07)
北尾 恵以子

商品詳細を見る


これに載ってたブレードで、作り目で長さを決めないで、ひたすら編み続けられるのを選びました。
幅の細いのにして、長さをかせげばよかったかな?



↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ

萌黄色でパイナップル編み

ここ数日、インターネットの速度が遅くてイライラします(笑)
その昔、うちにネットがつながったばかりの頃の、電話回線以下なんじゃないかとすら思います。
このブログ開くのにも時間がかかって…こんなに重かったんですね…。
元の速さに戻らないかな…。


さて、最近チャレンジャー的なレース編みばかりしていたので、「これぞレース編み!」という感じのを編みたくなって、図書館で借りてしばらく放置してた本(あと数日で返却日…)のドイリーを編みました。
ちなみに借りた本はこれ↓

パイナップルのレース編みドイリー (レースベストセレクトBOOK)パイナップルのレース編みドイリー (レースベストセレクトBOOK)
(2008/01)
不明

商品詳細を見る


ここでも何回か書いたのですが、パイナップル編みは、たまに蛾の羽に見えることがあって(私の目がおかしいのは承知の上)、どちらかというと苦手です。
蛾の羽に見えないのは平気ですが、本屋さんでこの本を見たとき、いくつか蛾の羽に見えるものがあったので、買うのをやめました(笑)
中には編んでみたいのもあるんだけどなー…と思ってたら、図書館で発見したので、編みたいのだけコピらせてもらうことに。
その中でも、気に入った一枚です。

doily0086.jpg

何の変哲も無いパイナップル編みなんですけどね
糸は100均の#40糸。
新緑のような色です。

doily0087.jpg

この流れるようなシェル編み(パイナップル模様の周囲)に心惹かれてしまったのですv
久々に念入りにまち針を打ち、何度も洗濯糊スプレーをしてバリバリに仕上げました。

パイナップルの一番下の段の鎖編みがきたないとか、対角線がやっぱりずれてるとか、問題点がいっぱい…
そういえば、本では27センチと書いてあるのに、これは22センチしかありません。
5センチ分どこに行っちゃったんだい。
100均糸は本で指定されてる金票と比べても、目だって細くはないような気がするのですが…
多分、金票で編んでも小さくなると思います。
力入れすぎなのかな?



↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ

カフェラミー麻のコースター(+追記)(+追記の追記)

私が住む県は、手芸用品の品揃えの悪さでは、全国トップレベルなのではないかと(勝手に)思います。
そんなわけで、ちぃとばかり離れた場所にある手芸用品屋さん何件かにも、ちょくちょく出かけるのですが、その中の一件で見つけた糸で、コースターを編んでみました。
以前にもupしたものと同じデザインのものです。

doily0083.jpg

この糸を見つけたとき、「このドイリーを編もう!」と思って買っちゃいました。
ダルマイングスの「カフェラミー麻」という糸です。
リネンとヘンプとラミーの違いがよくわかりませんが…(間)…えーと、今調べてきました。
そもそも、もとの植物が違うんですね シラナカッタヨ‐
この糸、超甘よりで編みづらかったのですが、感触がシャリシャリで気持ちよいです。
夏になったら使おう。

薄いグレー3枚、チャコールグレー1枚を編みましたが、編んでみて、食卓に乗せるものにチャコールグレーはありかな…? と思ったので、以前に編んだ薄緑(オリムパスのウェハース)と合わせて5枚セットにしました。
他の色は無いのかな?
お店に残っていたのは、グレー2種だけだったのです。

doily0084.jpg

1枚の形はこんな感じ。
6段で編み終わるので、1枚一時間もかからないで編めるのです
珍しくアイロン仕上げのみなので、かなり曲がってます

doily0085.jpg

使ってみるとこんな感じかぁ♪
ちょっと大き目のコースターです。



↓参考にした本です。

小さなかぎ針編み ドイリーの本小さなかぎ針編み ドイリーの本
(2008/05)
遠藤 ひろみ

商品詳細を見る


久々にこの本です。
最近、分不相応に(笑)凝ったものばかり編んでいたので、かわいくてすぐに編めるこの本の作品には癒されます。


↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ





以下、追記と、追記の追記(2/11)です。

続きを読む »

麻の葉模様のドイリー

今日も懲りずにこの本↓からです。

太い糸で編むドイリー太い糸で編むドイリー
(2002/05)
小瀬 千枝

商品詳細を見る


この間の反省をふまえ、糸はミル*フローラ#20で針は2号、編み図を見て編めなさそうな記号がないか確認、長々編みや玉編みの頭を締めるよう気をつけながら編みました。
前回のに比べると、非常に単調な作業で、難しい編み図ではないものの、根気が試されました(笑)
あと、太糸だから大きくなるにつれて重くなってきて、持ってるのが大変だった。

こんな感じ。

doily0081.jpg

この三角形が、方眼編み並みに単純作業で、ぼーっと編んでると模様(玉編みの部分)を忘れてしまったり…
また、うまく正三角形に編むのが難しい。
私の場合、方眼編みもちゃんと正方形に編めないのですが
鎖編みと長編み、長々編みのバランスが安定してないから…
これも要練習っすね

近くから。

doily0082.jpg

幾何学っぽい模様と、周りの植物的な模様の組み合わせが面白いなーと思います。

大きさは30センチくらいなのですが、伸ばそうと思えばあと2、3センチは伸びそう。
ただ、本でもきっちりと仕上げをしているような感じではなく、「日常的に使ってます感」があっていいなぁと思ったので、緩めに仕上げをしてみました。

いつもだったら、周囲のピコット一つ一つにまち針をうって、限界まで引っ張って形を整えます。
今回は、編んでるうちに丸まっちゃったのを伸ばすだけ、な感じで、厳密に六等分したり、ピコットを引っ張って伸ばしたりするのはやめました。
うん、でも、せめて対角線はまっすぐにすればよかったような…

普段使いな感じで、ラフに仕上げるのもおもしろいですね



↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ

手作りのプレゼント

前回の反省会では、励ましのお言葉や共感のお言葉をたくさんいただきました。
またレース編みに対するやる気が出てまいりました。(いやもう充分有り余っているではないか…)
ありがとうございます
あと、一人反省会に巻き込んでしまった皆様…すみませんでした…
思えば小学生の頃から、通信票には「周りの様子をよく見て行動できるといいですね」とか「自分の行動をふりかえって、悪かったところを直すようにしましょう」みたいな言葉を書かれておりました。
…進歩ないわぁ…。

さて、今日も、件の本のドイリーを編んで、仕上げをしているところなのですが、しばらく乾きそうもないので(洗濯糊スプレーして放置中)、以下はレース編みとは関係ない話です。





前の仕事(昼過ぎに出社して小中高生に勉強を教え、日付が変わる頃に帰宅する仕事)をしていたとき、生徒の保護者の方からある日、素敵なプレゼントをいただきました。

pres0007.jpg

淡水パールのブレスレットです。
留め金の部分もかわいいv

その生徒さんが、「うちのママはビーズアクセを作るのが趣味」と言っていたので、冗談で「じゃあ先生もママに作ってもらっちゃおうかな」と言っていたのを、本当に作ってきてくださったようなのです。
えっ、本当にもらっちゃっていいんスか!? みたいな。

「先生、色白だから似合いますよ」とのことでしたが、こんなにかわいいの、私にはもったいなさすぎる…
かわいいものが似合わない自分がイヤだわとつくづく思います。

保護者の方からこういうプレゼントを個人的にいただいたのは、後にも先にも一度だけ(生徒からはよくお菓子をもらっていましたが)だったので、その当時は「もっと頑張らなきゃ!」とやる気も出たし、なんだか「うちの子の先生」と認めてもらえたようで、とても嬉しかったです。
私も、その子とママのことはとても大好きだったし、自分が担当させてもらってよかった、と思っていました。

しかしながら、その後半年もしないうちに、体調を崩して急に仕事を止めることになったため、その生徒さんと保護者さんには、一言も挨拶できませんでした。
このご時勢に電話番号を職場から持ち出すわけにもいかないし、なぁ…。
プレゼントのことだけではなく、いろんなことのお礼を言えなかったことが、今も心残りです。

もし、このブログを見てる方で、「あらやだ、これ私が作ったものだわ」という小学生の女の子のお母さんがいらっしゃいましたら(笑)、

あなたのお子さんの担当ができてよかったです。ありがとうございました。いろいろお世話になりました。
今はもう体調も体重も回復して、元気になりました。

との言葉を受け取っていただけると嬉しいです。

ああ、でも実際にあのお母さんはブログとかやっていらっしゃるかもしれない。
いつか遭遇できるかな?



↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ミル*フローラ#20とレース針0号

今日もこの本↓を参考にして編んだドイリーを紹介したいと思います。

太い糸で編むドイリー太い糸で編むドイリー
(2002/05)
小瀬 千枝

商品詳細を見る


今日はちょっと大きめの書影で。
なぜなら、今回はこの表紙の素朴かつ繊細なドイリーの紹介だからです。
どっちかというと、今日は一人反省会です。
いつにもまして長文です。(自分で読み直してみて、読むのがちょっとイヤになりました)

ではさっそく。

doily0080.jpg

はい、なんか違う!
形はそれっぽいけど、細かいところがなんか違う!
素朴さも繊細さもどっか行っちゃったよ…

とりあえず言い訳します。
これを編んだ糸は、前回のと同じミル・フローラの#20で、針は0号のレース針を使いました。
ダイヤモンドダストのドイリーを編んでいるときは、#20糸にしては細いかなぁ…と思いつつも、この本の作品には、ざっくりな感じで編んで丁度良いかもーと、0号針で編んでしまいました。
完成したものを見て、目立っておかしいところはないし(細部は微妙でしたが)、0号でも充分編めるなー、と、今回のドイリーも編み始めましたが…
このデザインに0号レース針は緩すぎました…

緩すぎるところを敢えて接写(笑)

doily0079.jpg

長々編みとか玉編みとか二目一度とか数回巻き長編みの頭が…緩みすぎっす…
本の表紙を見ますとね、ざっくり編んでいるのですよ。
でも、ざっくりなのに緩んでいないのです…
自分、すごい下手だなぁと、改めて実感した次第でございます。

せめて気づいた時点で、針を2号あたりに変えればよかったのですが…
悪い癖で、とりあえず先に進んでみようかな、と
よく分からない編み記号も、やっぱり研究不足のまま先に進んじゃったりして。

というわけで、レース編み4か月目?の、これまでの反省!

・編み図をよく吟味して、自分に編めるかどうか考えてから編みましょう
・分からない編み記号も、「それっぽくできた」でお茶を濁さずに、よく研究しましょう
・糸と編み図を考慮し、適切な太さの針を使いましょう
・とりあえず先に進むのをやめて、おかしいと気づいた時点で編み直しましょう

今思いつくのはこれくらいですが、どれもこれも反省する以前の問題のような気がします。


これ以上やると、自分がとんでもないアホに思えてくる(実際そうなんだけど)ので、この辺で切り上げましょう。
さて、この本の作品で、初めてミル・フローラの糸を使ったのですが、この糸(ちなみに80グラム巻き)、シルエットが何かに似てるなぁ…と思ってたら。
トイレットペーパーにそっくりじゃん。
形といい、大きさといい、トイレットペーパーだよ!
あとで糸玉とトイレットペーパーを並べた写真を撮ろうと思います。

この糸、#40も買ったんだけど、やっぱり細そう…
とうとう10号レース針の出番かしら。
でも、#20のほうのラベルには、「かぎ針2/0~3/0号」って書いてあるんですよね。
「レース針2号~3号」じゃなくて。
どんだけゆるゆるに編むことを想定してんの!



↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ

ダイヤモンドダストのドイリー

ずっと欲しかったレース編み本を、いつもより遠出した手芸用品屋さんでみつけました。
これ。↓

太い糸で編むドイリー太い糸で編むドイリー
(2002/05)
小瀬 千枝

商品詳細を見る


みつけたのは良いのですが…
ずっと置かれていた本らしく、カバーの上下がよれよれになってて、定価で買うのはちょっと…な様相を呈しておりまして、買おうかどうか一瞬だけ迷いました。
でも、中身を見て、これはここで買わなかったら後悔する!
と、結局買うことに
中身の確認ができたんだから、あとでネット書店とかで買えばいいかな…とも考えたのですが、やっぱり買ったらすぐに見たいもの!
そして編んでみたいもの!

というわけで、編んでみました。

doily0077.jpg

紹介文に、「北欧の冬の朝は、ダイヤモンドダストのきらめきで目を覚まします」って書いてあったので、ダイヤモンドダストのドイリーです。
いつもなガン無視するビーズも、ちゃんと編みこんでみました。
糸はミル・フローラの#20(#20にしては細い?)、長い対角線が15センチです。

doily0078.jpg

かわいいドイリーだなーv 
と思って編み始めましたが、途中で見たことも無い記号が出てきて、そこでしばらく悩んでしまい…
星型のへこんでる部分の内側です(分かりにくくてすみません
基礎本などを引っ張り出してきて、吟味すること暫し。
どうやら逆Y字編みを使うと編めるっぽい?
というわけで、逆Y字編み初挑戦にして、いきなり応用編という、またしても無謀なチャレンジでしたが、何度かやり直してたらそれっぽくできました
本を見るとちょっと形が違うような気もするのですが、よく分からないのでとりあえず先に進んでしまいました。



この本の著者の小瀬さんの本は、実はこれ↓も持ってます。

初めてのアイリッシュ・クロッシェレース初めてのアイリッシュ・クロッシェレース
(2005/10)
小瀬 千枝

商品詳細を見る


因縁のアイリッシュ・クロッシェです(笑)
この本の「五弁花のドイリー」とか編んでみたいのですが、アイリッシュ・レースがいかに大変かを身を以って知ったばかりなので、もう少し鑑賞用として寝かせようと思います。
「太い糸で編むドイリー」も、アイリッシュ・レースを勉強なさった小瀬さんらしく、民俗調の模様のものが多く掲載されています。
見ているだけでもときめくわぁ~



↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ

八角形のパイナップル編みドイリー

先週、液晶テレビが部屋に来ました。
普段からテレビはあまり見ないのですが、自室でN響アワーが見られるのが楽しみでした。
本日はシューベルトのグレイトです。
1楽章の盛り上がるところが、Vnトップさんたちのアップで超かっこよかったー!
たまにN響アワーは、「ふざけんじゃねぇ」な編集をやらかしてくれますが、今日のはよかったと思います。個人的に。


さて、講習を受けながら、2週間かけてちんたら編んでたドイリーが完成しました。

doily0075.jpg

玉編みのほうのパイナップル編みが、16回もありました。
苺が乗ったケーキに見えて仕方ありません(笑)
このドイリーは、50グラム180円くらいの安いレース糸で編みました。(確かPAXレース糸、とラベルに書いてあったはず)
50グラム180円って、100均より安い…
100均のって、20グラム100円だものね。
安いだけあって、なんかごりごりした感触だし、汚れが多いし、編みづらかったです。
糸を引っ掛けてる左の小指と人差し指がすごく痛かった

近寄るとごりごり感が伝わるかな?

doily0076.jpg

ちょっと小さくて分かりにくいですが、真ん中のあたりがですね、滑らかさが全然ないのです…
糸が引っかかる感じで、きれいに目を揃えるのが難しい。
ついでに、この縁の形にも苦労しました。
この編み方は、一箇所にかかる時間が長くて、全然先に進まないのです。
しかもそれが2周もありました。
編み終わってよかった…

ちなみに糸の色は生成りです。
このドイリーは、転職でお世話になったキャリアカウンセラーの方に押し付けようと思います


↓参考にした本です。

かんたんレース編―ドイリーいろいろかんたんレース編―ドイリーいろいろ
(1993/03)
不明

商品詳細を見る



気づくとこの本のばっかり編んでいるなぁ…


↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ

 | HOME | 

プロフィール

おおさわひろ

Author:おおさわひろ


2008年10月末頃
突然レース編みにはまりました
超初心者です

↓編み物以外の雑記はこちらにて
アホブログ
※上記ブログは妄想だだ漏れ中

↓いろんな写真
おおさわの写真部屋

カレンダー/月別アーカイブ

01 ≪│2009/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリ

レース編み (78)
#40の糸 (32)
#20の糸 (28)
その他 (18)
かぎ針編み (7)
ハンドメイド (7)
未分類 (11)

検索

ご訪問ありがとう☆

おおさわ用

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。